×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職案内(就活)情報

 

憧れの海外就職(就活)特集「~憧れのバリスタ篇~」

 

 

今日、海外での就職に憧れを抱いている方も少なくはないと思います。

「海外で一度働いてみたい」「海外で就職でする事により色んな経験を積みたい」 「海外に携わる仕事がしたい」「海外で英語もしくはその国の言葉を使って職に就きたい」 「海外で就活してみたい!」なんて、理由は様々ですね。

しかし、海外で就職(就活)してみたいと思われる方は、その国の最低限の 言葉は、少しでも覚えて行く方がいいかと思われます。

海外に住んで、「その国の言葉が分かりません」よりも、「分かる」方が 人とのコミュニケーションもとり易いでしょうし、その上、 即戦力として就職先も見つかり易くなるでしょうしね。

そして、言葉を知っていれば、「この子は海外から来た外国人だ」と なめられる事も少なくなります。

もう一つ、海外へ行く先の国にもよりますが、 余裕があれば少しでも「英語」を勉強していくととても便利だと思います。

英語は、万国共通ですし、海外に出れば、世界で沢山の人達が英語を話します。

逆に、海外から来たお客さんが、「英語は話せるけれどその国の言葉があまり分からない、、、」 とおっしゃるかも知れません。

そうなった時に、少しでも英語を話せると、コミュニケーションがスムーズになる為、 いいかもしれませんね。

英語を話せて、海外就職活動への妨げになるとは言えず、英語が話せるからこそ、 海外就職活動への大きなプラス効果を生み出す事でしょう。

 

さて、前置きは長くなりましたが、今ページでの「憧れの海外就職」は「~憧れのバリスタ篇~」です。

私が海外に初めて来た時、よく目にしたのが、カフェで出てくるアートスティックな コーヒー達でした。

「コーヒーの表面に絵が描かれてる!」ととても感動し、写真撮影はもちろん、 友人との話の間、ずっとそのコーヒーを眺めながら、飲む頃には随分とぬるくなっていたのが 懐かしい思い出です。

で、そのコーヒーを作っている人が誰かというと、バリスタと言われる人でした。

ウィキペディアの引用より、バリスタとは、「イタリア語(barista)で、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいう。」とあります。

しかも競技会が、世界で行われているらしく、日本では、2002年からジャパン・バリスタ・チャンピオンシップが行われているそうです。

 

そんな素敵なバリスタを海外で目指し無事就職出来るには、どうしたらいいのでしょうか?そして、どのような資格がとれるが取れるのでしょうか?


下記の 憧れの海外就職(就活)特集「~海外でバリスタへの道篇~」で説明しています。

 

憧れの海外就職(就活)特集「~海外でバリスタへの道篇~」

 

みんなの就活!〈まだまだ間に合う〉お買物情報!

 

Kiwi Land より~日常英会話の『ちょっと知りたい一言』!



相互リンクでSEO対策